終身型がん保険について

終身型がん保険について

終身型がん保険について 日本人の死因第1位である「癌」。日本人の2人に1人は生涯のうちに癌にかかると言われています。がん保険は、癌の治療に対しての保証に特化した保険商品であり、関心をお持ちの方の多いかと思います。人生設計を考える上で多くの人が加入を検討するがん保険ですが、加入形態として終身型と定期型の2種類があります。

今回は、終身型がん保険について簡単に解説していきます。終身型がん保険は、その名の通り、一生涯にわたって癌の治療に関しての保障が備えられている保険形態です。気になる保険料ですが、原則として、加入時に決められた保険料は一生上がりません。

一般に保険は加入が早ければ早いほど保険料が安いため、加入を検討する場合には、なるべく若いうちに加入することで、生涯で支払う保険料を安く抑えることが可能となります。終身型がん保険は、定期型に比べて月々の保険料は高く設定されていることが多いです。しかし、定期型は更新のたびに保険料が増額されていきますので、最終的に支払う保険料は終身型のほうが安くなることが多いです。

上記の通り、終身型は「保障が生涯続く」・「保険料が一生上がらない」の2点において、定期型との差別化が図られています。加入を検討している段階での年齢や支払い能力などを勘案して、自分にとってお得なタイプの保険を選択していきましょう。

最新のお知らせ

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。